2015年06月15日

With Love On Our Side

150614毎週末土日、20分を一往復を繰り返しているとなぜか運動した気になってしまいます。が、単に歩いているだけなので、運動目的ならもうちょっと歩かなくてはいけないと思うのですが、それはできず。(そもそもの目的が目的なので……)今のところ天気もよく、近所の散策にちょうどいい感じです。
が、おにんぎょ撮影する場所はさすがにないので、今回もベランダで撮影。

先日、アニメ「ユリ熊嵐」のイベントを見に、日比谷公会堂に行ってきました。
アニメの中に出てくる学校の外観が日比谷公会堂なので、まさに聖地!
アニメのイベント自体、ほぼ行った事がないのでとてもドキドキしていたのですが、
とても楽しかったです。
たまたまお隣に座った方が地方からいらしていて、
新幹線の時間があるので最後まで見られないかも……とおっしゃっていて
(あともうちょっと、という所でやはりお帰りになってしまったのですが)
開演までのほんのひとときでしたが、お話させていただき、
その事に感動したりしました。
(作品のディープな話とかはもちろんしていないのですが。)
無事、新幹線に間に合っていらっしゃるといいのですが。
イベント自体もとても濃密な、笑いあり涙ありのステキなものでした。
ユリ熊嵐愛が深まりましたー。

いつも疑問に思っていた謎がひとつとけました。
音楽通も思わず感心! 実はスゴい名曲ばかりが流れているドトールの店内BGM
別にスゴい、とは思っていなかったのですが、
何で夜行くとAORばっかりかかっているのかなあ、と思ったら、
専用チャンネルで流れていたからなんですね……。
変な偏りが気になるところがあるものの
(ジノ・ヴァネリはもうちょっと落ち着いた曲の方が他と調和とれていいのでは、とか
ジム・フォトグロ多い、とか、この中にジェイ・P・モーガンは入れなくても…とか。)
次に何かかるのか、確かに気になるので、
できれば選曲が変わるサイクルを教えていただきたいものです。

今更シェリル・リンにはまり、手元にあまりCDがなかったので、
ディスクユニオンに行って買い漁ってみました。
が、置いてある種類が少ない……。
もうちょっと勉強します。



"With Love On Our Side" Cheryl Lynn [In The Night]

kaaeeruu6 at 20:07│Comments(0)TrackBack(0)ベッツィー 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔